文字サイズ

巨人 日本一のカギは「周東封じ」下馬評はソフトバンク有利か 評論家の視点

 日本シリーズの対戦カードが、2年連続でソフトバンク-巨人に決まった。

 4年連続日本一を目指すソフトバンクに巨人が挑戦する構図。昨年は4勝0敗とソフトバンクが圧倒しているが、巨人OBでデイリースポーツ評論家・関本四十四氏は「今年も6・4、7・3くらいでソフトバンクが有利という声が多いのではないか」と予想した。

 では、巨人が勝つために、カギとなることは何か。関本氏は「周東封じ」をポイントに挙げる。今季は1番に定着し、打率・270、50盗塁。「1点が重い短期決戦で、あの足は脅威。V9時代の巨人は阪急と戦う時、福本豊さんをいかに封じるかがテーマだった。当時のミーティングでは、(一塁に出塁した場合)けん制球をわざと暴投しておびき出して刺す、なんて作戦も挙がった」という。

 巨人の正捕手・大城の盗塁阻止率・340はリーグ3位。関本氏は大城の成長を認めながら「とはいえ、小林ほどの肩はない。小林はけがで離脱しているし、出塁させたら走られる確率は高いだろう。投手は出塁させれば気になるし、柳田、グラシアルの打席で得点圏に置きたくない。ならば、周東を出塁させないことに神経を注ぐだろう」と語った。

 独特な緊張感があるという日本シリーズ。周東がレギュラーとして出場するのは初めてで、巨人にとってはそこにチャンスがあるという。「野手はポテンヒットでもいいから早く1本が欲しい。でも第1戦、第2戦でノーヒット、8タコなんてことになるとどんどん焦る。いわゆる逆シリーズ男と呼ばれるものだが、巨人は周東をそこに追い込みたい。柳田、グラシアル以外にも中村晃、松田宣など怖い打者は並んでいる打線。逆に言えば、周東に持ち味を発揮させるようだと勝つのは難しい」とした。

 関本氏は初戦の先発が予想されるエース菅野にも言及。「去年はコンディションに不安を抱えての登板だったが、今年は万全でいける。初戦、千賀との投げ合いで勝利に導けるか。周東を含めてねじ伏せることができれば、2戦目以降が面白くなる」と期待した。

 打線は層の厚い投手陣が相手になるが「付けいるスキが全くない訳ではない」と関本氏。ロースコアの接戦に持ち込むことが理想とし、「CSでは守護神の森もひやひやする内容だった。巨人は、くせ者と呼ばれた元木(ヘッドコーチ)を中心に策を練っていくはず。競っていけばチャンスはある」と語った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス