文字サイズ

ソフトバンク・ムーア 拙守も絡み5失点 チームは今季最多の5連敗

 「ロッテ7-4ソフトバンク」(25日、ZOZOマリンスタジアム)

 敵地での首位攻防3連戦初戦のマウンド。ソフトバンク・ムーアは「相手がどこかは関係ない」と自然体を強調していたが、1-0の二回につかまった。6長短打で打者一巡の猛攻に遭い、5失点。三回以降許した安打は2本と立ち直り、八回途中まで投げたが、チームの連敗は今季最悪の5に。「うまく修正することができただけに悔しい」と肩を落とした。

 二回はバックにも足を引っ張られた。無死一、三塁で藤岡には注文通り、内野にゴロを打たせたが、二塁手の周東が正面の打球をこぼす拙守。何とか2死までこぎつけたものの、福田秀から4連打を浴びた。工藤監督は「ストライクをそろえすぎたところはあったかもしれない」ともどかしげだった。

 甲斐とバッテリーを組んできたこれまでとは違い、この日は高谷が先発マスクをかぶった。工藤監督は「バッテリーコーチからの提案があった。アイデアとしては面白い」とロッテ打線が配球に戸惑う効果を期待していたが、厳しい結果に終わった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス