文字サイズ

ロッテ・種市が右肘を手術 スローイングは4カ月後の見込み

 プロ野球のロッテが14日、種市篤暉投手(22)が同日に横浜市内の病院で右肘内側側副靱帯再建術を受けたと球団公式サイトで発表した。術後4週間ギプス固定をし、術後4カ月よりスローイングを開始する予定としている。

 次代が期待されている種市が、今季中の復帰は絶望的となった。昨季に8勝を挙げ、今季もローテーションの一角を担い、7月25日の西武戦ではプロ完封勝利を果たすなど、7戦で3勝2敗、防御率3・47の成績を残していた。フォークを武器に、高い奪三振能力を持つ。

 直近の登板は8月1日の楽天戦で5回2/3を投げ8失点と打ち込まれた。翌2日に出場選手登録を抹消されていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス