文字サイズ

プロ野球とJ、7・10から観客入れる方針変えず 今後も政府方針や状況は注視

 日本野球機構(NPB)とJリーグは6日、「新型コロナウイルス対策連絡会議」を開いた。オンライン会見でNPBの斉藤惇コミッショナーと、Jリーグの村井満チェアマンは、10日から観客を入れて試合を開催する方針を改めて示した。

 プロ野球とJリーグは10日から観客5000人もしくは収容人数の50%の少ない方を上限とし部分的に観客を入れた試合を開催する予定でいる。8月1日以降は収容人数の50%に拡大する予定になっている。

 斉藤コミッショナーは「8月1日からは50%を入れる予定であるというのはその通りです」としたが、「最終的には内閣府の方で、それで了解だということにならなければならない」と、政府との足並みをそろえる考えを明かした。村井チェアマンも「7月10日の件、8月1日の件、それぞれ政府見解に基づいている。ここに大きな変更が加えられるかは注視していきたい。大きな変更がなければ、それに向けて既存の考え方で準備を進めていく」とした。

 ただ、東京では2日以降4日連続で陽性者が100人を超えており、感染拡大への懸念が広がっている。専門家チームの三鴨広繁氏(愛知医科大教授)は「第2波と呼べるものが起こってきている。10日間程度はどうしても今の状況が続くものと予想している」と私見を述べ、8月1日以降に観客数の上限を引き上げるかについては今後の感染状況を見極めながら、20日前後に判断されるとした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス