文字サイズ

元阪神・井川氏 マスク姿も正体バレバレだった

 阪神時代の井川氏=06年10月8日、甲子園
3枚

 元阪神タイガースのエース・井川慶氏(40)が6日、TBS系で放送された「炎の体育会TV」にマスク・ド・ピッチャーとして登場した。

 この日は、お笑いコンビ・ティモンディのたかぎし(27)、ゴールデンボンバーの樽美酒研二(39)、三代目J SOUL BROTHERSのELLY(32)と対決。甲子園の常連・済美高校のエースだったたかぎしは見逃しの三振。樽美酒はショートゴロ。青森・三沢高校出身でプロを目指していたELLYは空振り三振に斬って取った。

 対決後には同局のドラマ「MIU404」(26日スタート、金曜、後10・00)に出演する俳優・岡田健史(21)が泣きの一打席で勝負。実は強豪校野球部出身という岡田も、ファーストフライに打ち取られた。

 対決後にはマスクマンがマスクを取り、正体が井川氏であることが明かされた。井川氏は「とにかく暑いですね。マスクが」と苦笑い。熱気でサングラスが曇るとあって「だいたいのカンで投げてました」と、まだまだ実力を出しきっていなかったことも告白した。

 生放送での対決とあって、ツイッター上ではマスクマンの正体探りが盛り上がった。ただ、マスクを着用していたとはいえ、井川氏の特徴のある口元が決め手となり、正体を明かす前から「マスクマンは井川でしょう」というコメントが多数。さらに左での特徴のある投球フォームでピッチング練習を始めると、ネット上では「井川慶」がトレンドワードに。勝負が始まる前から、正体探りでは、勝負が付いていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス