文字サイズ

ロッテ・ドラ1朗希は江夏豊、鈴木啓示、江川卓級 平松氏がブルペン大絶賛

 レジェンドエース級の逸材だ。ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡=が25日、プロ入り後6度目のブルペン投球を行った。201勝を挙げた名球会メンバーで「カミソリシュート」の異名を取った元大洋(現DeNA)の平松政次氏(72)から大絶賛された。

 ソフトバンクとの練習試合前。他球団関係者やソフトバンクの千賀らも熱視線を送ったブルペン。「見られているなという感じはありました」。だが右腕は動じない。捕手を立たせて24球、捕手を本塁ベース上に座らせて20球。全て直球の力強い投球を披露した。

 「体の使い方がしなやかで(腕が)しなってくる。真っすぐとカーブだけで通用する」と舌を巻いたのは平松氏。元阪神の江夏豊氏、元近鉄の鈴木啓示氏、元巨人の江川卓氏、堀内恒夫氏の名前をずらりと挙げ「真っすぐは匹敵する」と称賛し「20勝を期待できる」と断言した。

 本人も順調な仕上がりに納得顔だ。「最近はしっかり、いい状態を維持できている」とうなずいた。26日の状態も見て、問題がなければ27日に18・44メートルで初めて捕手を座らせブルペン投球を行う予定。「準備はできているかなと思います」。伝説のエース級と“認定”された黄金新人が、ついに本格投球をお披露目する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス