文字サイズ

昌平の“スーパー1年生”吉野創が3安打1打点1盗塁

 「高校野球埼玉大会・4回戦、昌平3-0坂戸」(20日、市営大宮球場)

 昌平の“スーパールーキー”吉野創士外野手(1年)の打撃が好調だ。「3番・右翼」で先発し、3安打1打点1盗塁。50メートル走6秒1、遠投108メートルと走攻守そろった1年生がチームの5回戦進出に貢献した。

 課題が持ち味に変わりつつある。初回2死の第1打席。逆方向へやや上がりすぎたと思われた飛球が右翼手の頭上を越えた。チーム初安打となる二塁打。「右手の押しは練習でも鍛えていた。工夫できている」と以前なら失速していた打球も、ぐんぐん伸びるようになった。

 シダックス時代に野村克也氏のもとでプレーした黒坂洋介監督から勝負強さを買われ、1年春からレギュラーの座をつかんだ。今夏の草加東との3回戦では公式戦初本塁打を含む1試合2発。「自分でもびっくりしました」と驚きながら、自信につなげている。この日のスタメンは2年生が5人。若い力で創部初の聖地切符を狙う。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

野球最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(野球)

話題の写真ランキング

写真

デイリーおすすめアイテム

リアルタイムランキング

注目トピックス