文字サイズ

ロッテ種市、4回5失点で降板「フォークが全体的に甘くなってしまった」

 3回、西川に2ランを打たれ肩を落とす種市
1枚拡大

 「交流戦、広島-ロッテ」(20日、マツダスタジアム)

 ロッテ先発の種市が4回を被安打5、失点5でマウンドを降りた。

 一回、プロ初出場初スタメンとなった小園の左前打から、柿沼の捕逸と菊池涼の犠打で1死三塁。西川の先制の三塁打と鈴木に2点目の中犠飛を許した。

 二回には会沢に8号ソロ、三回は西川に4号2ランを被弾した。

 種市は「自分は序盤のピッチングが課題なんですが、そこをクリアできずに失点を重ねてしまった」と振り返り、「フォークが全体的に甘くなってしまいました」と具体的な反省点をあげた。

 八戸工大一では3番だった。「交流戦で1本打ちたい」とも話していた。三回1死無走者で打席に立ったが、3-2からストレートを空振り三振。四回でマウンドを降りた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス