文字サイズ

オリックス田嶋 七回無死から初安打許す ノーノーならず 

7回、糸井に四球を与え、降板するオリックス・田嶋大樹(左)=京セラドーム大阪(撮影・吉澤敬太)
1枚拡大

 「交流戦、オリックス-阪神」(16日、京セラドーム)

 オリックスの田嶋大樹投手(22)のノーヒットノーランの夢は七回についえた。先頭の糸原に中前にこの日初めてのヒットを運ばれると、続く糸井に四球。無死一、二塁とピンチを招いたところで西村監督は交代を告げた。

 初回1死から糸原に四球を与えたが、糸井、大山を連続三振に斬ると、二回以降は阪神打線に付けいる隙を見せることなく三者凡退を続けていた。六回もあっさりと三者凡退で終えてノーヒットノーランへの期待も高まっていたが、糸原との相性はよくなかったようだ。

 田嶋に代わって登板したディクソンが大山に右線に適時二塁打を許して傷口を広げ、原口には右中間を破ろうかという大飛球を許し、これが犠飛に。さらに梅野の二ゴロの間に3点目を奪われた。

 結局、田嶋は6回0/3を1安打2失点1四球という投球内容だった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス