文字サイズ

オリックス・大城が先制打「積極的に打ちにいこうと」

4回オリックス2死二塁、オリックス・大城滉二は右中間に適時二塁打を放つ=京セラドーム大阪(撮影・山口登)
4回オリックス2死二塁、阪神オネルキ・ガルシアはオリックス・大城滉二に先制適時二塁打を許す=京セラドーム大阪(撮影・山口登)
2枚2枚

 「交流戦、オリックス-阪神」(16日、京セラドーム大阪)

 両軍無得点で迎えた四回、オリックスは先頭の吉田正が左前打で出塁。1死後、中川の5球目に吉田正が二盗を決める。中川は空振り三振に倒れるが、続く大城がガルシアのスライダーを右中間に運ぶ適時二塁打で先制点を挙げた。

 「先制のチャンスでしたし、1打席目が見逃し三振だったので、積極的に打ちにいこうと思って打席に入りました。少し詰まっていましたが、なんとかタイムリーになってくれて良かったです!」

 この3連戦はいずれもオリックスが先制している。

 オリックスは今季、ここまで日曜日は10敗1分けと1度も勝っていない。日曜日初勝利なるか。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス