文字サイズ

ヤクルト・小川監督「選手たちの執念」で天敵菅野をKO

3回裏無死一塁、先制2ランを放った青木を迎えるヤクルト・小川監督=神宮球場
2枚

 「ヤクルト11-2巨人」(25日、神宮球場)

 ヤクルトがいずれも今季最多の18安打、5本塁打の猛攻で大勝。連敗を3で止めた。

 三回は青木、山田哲、バレンティンの3者連続本塁打と村上の左前適時打で5点を先制。四回にも4連打などで2点を加え、七回は山田哲の2ラン、バレンティンのソロでダメ押しした。

 先発のスアレスは、6回3安打無失点の好投。来日初登板で初勝利を挙げた。

 苦手とする菅野を四回途中でKOしての連敗ストップ。小川淳司監督は「選手たちの執念が結果になったのでは。ホームランはもちろん素晴らしいと思うが、続けて打ったというのが、そこにかける思いを感じた」と賛辞を惜しまなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス