文字サイズ

ソフトバンク・甲斐野がプロ新記録!初登板から11試合連続無失点

 ソフトバンク・甲斐野央
1枚拡大

 「ソフトバンク3-0オリックス」(25日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンクのドラフト1位の甲斐野央投手(東洋大)が2/3回を無失点。これで初登板から11戦連続無失点で、ドラフト制後の新人投手のプロ野球新記録を樹立した。

 甲斐野は0-0の九回1死一、二塁の場面で先発の大竹からバトンを引き継いだ。緊迫のマウンドだったが、4番メネセスをフォークで空振り三振、続く途中出場の後藤を153キロで右飛に打ち取ってピンチをしのいだ。

 試合は0-0のまま延長戦に突入。甲斐野は十回のマウンドに上がらず、前日敗戦投手となった守護神の森が3番手で登板した。その裏に明石がサヨナラ3ランを放ち、劇的な勝利をおさめた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス