文字サイズ

原巨人、初回いきなり5人で5点 丸が先制適時打、亀井満塁弾

1回巨人無死一、二塁、中前適時打を放つ巨人・丸佳浩=神宮球場(撮影・西岡正)
1回巨人無死一、二塁、中前適時打を放つ巨人・丸佳浩=神宮球場(撮影・西岡正)
2枚2枚

 「オープン戦、ヤクルト-巨人」(16日、神宮球場)

 巨人が電光石火の先制劇を決めた。

 先頭の吉川尚がヤクルト先発・原から右翼フェンス直撃の二塁打を放つと、続く坂本勇は四球。3番・丸が初球をセンター前にはじき返し、1死も取られずに3人で先制した。

 攻勢はこれだけでは止まらず、4番の岡本が四球で満塁となると、この日5番に入った亀井が右中間へ満塁本塁打。今季の原巨人の得点パターンともいえそうな1番打者からのたたみかけるような攻撃が決まった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス