文字サイズ

ロッテ角中、現状維持の1億3100万円で更改 ドラ1藤原に“カク”の違い見せる

 今季取得した国内FA権を行使せず残留したロッテの角中勝也外野手(31)が17日、ZOZOマリンスタジアムで契約更改交渉に臨み、現状維持の1億3100万円でサインした。

 単年契約について「複数年にしちゃうと、最後の年だけ頑張りゃいいやって、たぶんそうなる。(愛着あるロッテで)優勝旅行にいって、みんなとワイワイやりたい」と話した。

 そんな角中が期待の新星を一蹴した。ドラフト1位の大阪桐蔭・藤原恭大外野手(18)について「スーパースター候補が入ってくる。3年間は負けないように頑張ります。さすがに高卒の若造にはね」とニヤリ。

 これは藤原の潜在能力を認めてこその辛口エール。甲子園などでのプレーはチェック済みで「3年で(1軍に)出てくると思う。間違いなく」と太鼓判を押した。現在、肉体強化に励んでいる角中は、藤原がプロのイロハを体にたたき込むまで「カク」の違いを見せつける意気だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス