文字サイズ

日本ハム・清宮“清宮会”へ意欲 吉田ら高卒新人5選手と親睦深める

 ティー打撃で汗を流す清宮
1枚拡大

 日本ハム・清宮幸太郎内野手(19)が16日、“清宮会”開催への意欲を示した。ドラフト1位・吉田(金足農)を含む高卒新人5選手と食事の席を共にして親睦を深める考えで、プロ1年目を経た先輩が後輩に経験を伝える。

 前日に秋田市内で行われた吉田の契約交渉。その会見で「(北海道は)海鮮系の料理がすごくおいしいと聞いているので、楽しみ」と初々しく語っていたが、その映像を清宮もニュースで目にしていた。自身と同じく甲子園のスターで注目度は抜群。共感できる部分は多々ある。

 清宮は、他の高卒新人も含めて「機会があれば」と食事に誘うことに前向きな考えで、特に北海道の海鮮料理は「先輩の方々に連れて行ってもらっているので、どこもおいしいところばかりです」とお気に入り店が多数あるという。「カニが好き」と話す吉田の好みにも応えられそうだ。悩みなどを共有できれば、お互いの成長のためにもプラスになる。

 この日の午前、清宮は千葉・鎌ケ谷の2軍施設で行われた秋季練習に参加。午後は勇翔寮内でデータ活用に関する講義を受けた。53試合の出場にとどまった今季を糧に、来季に目指すはレギュラー奪取。後輩の存在も刺激に、飛躍を遂げる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス