文字サイズ

星稜・奥川、7回0封11K 広陵からクールに星稜コールド勝ち

 「明治神宮野球大会・高校の部2回戦、星稜9-0広陵」(10日、神宮球場)

 高校の部2試合、大学の部2試合が行われた。星稜は来秋ドラフト1位候補の最速150キロ右腕・奥川恭伸投手(2年)が広陵との優勝候補対決で、7回無失点で11三振を奪って七回コールド勝ち。筑陽学園は桐蔭学園との初出場対決を制した。立正大はDeNAドラフト2位・伊藤裕季也内野手(4年・日大三)の決勝弾で九州共立大に勝利。近大は筑波大を接戦で下した。

 スケールの大きさを感じさせる78球だった。奥川は「7、8割の力でコースを狙って投げた」。余力を残して、秋季中国大会で創志学園の最速150キロ右腕・西を攻略した広陵打線を手玉に取った。

 初回にこの日最速の149キロを計測。三回終了時点で、7三振を奪った。7回無失点で、3安打無四球。「状態が良くて、ボールが走った」。決め球のスライダーと、今大会から解禁したフォークも交えて11三振。松坂大輔(横浜)が持つ大会記録の1試合最多14三振に迫る快投だった。

 9月には2年生で唯一、高校日本代表に選出された。U18アジア選手権の期間中は、同部屋だった大阪桐蔭・根尾から投球術などを勉強。ドラフト後には電話で中日の1位指名を祝福すると、「神宮、頑張れ」と返されたという。四回1死二塁では5番打者として右越え決勝三塁打。二刀流の先輩に負けず、試合を支配した。

 スタンドには12球団がそろい、阪神は7人体制で視察。筒井スカウトは開口一番、「一級品ですね」と絶賛した。広島・苑田スカウト統括部長も「あまりこの時期には言わないけど、来年の1位候補」。プロにもインパクトを残す活躍だった。

 星稜が神宮大会を制すれば、松井(元巨人など)らを擁した91年以来3度目となる。「目標は全国制覇」と奥川。スター候補は、偉大な先輩の背中を追う。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス