文字サイズ

MLB監督も柳田に脱帽「パワーがあるのが分かっていたが、最後にやられてしまった」

3回、先制の本塁打を放ったメッツのアメド・ロサリオ(1)を見つめるマーリンズのドン・マッティングリー監督=東京ドーム(撮影・堀内翔)
1枚拡大

 「日米野球、侍ジャパン7-6MLBオールスター」(9日、東京ドーム)

 MLB選抜は柳田の一発に沈み、まさかの逆転サヨナラ負けを喫した。

 マッティングリー監督は「こういう形で終わるのは厳しい。良い試合運びで、勝てる試合だった。相手がパワーがあるのが分かっていたが、最後にやられてしまった」と脱帽。柳田は五回に申告敬遠するなど、マークする打者だったとした上で「できるだけ相手の力を最小限にとどめることを考えたが、初めての対戦で抑えることは難しかった」と、振り返った。

 三回、ロサリオが先制ソロ。五回はサンタナの3ランでリードした。その後、再び追いつかれたが、六回はナ・リーグの新人王候補にも挙がっているソトが、逆方向の左翼席へ2ランを放った。

 2点リードで九回を迎えたが、イエーツが誤算。会沢に適時打を許すと、2死から柳田に中越えへサヨナラ2ランを打たれた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス