文字サイズ

板東英二氏がレジェンド始球式 ワンバウンド投球に「年かな」と悔しげ

始球式を行った板東英二氏(左)=甲子園(撮影・中田匡峻)
始球式を行った板東英二氏=甲子園(撮影・中田匡峻)
始球式を務めた板東英二氏(中央)=甲子園(撮影・中田匡峻)
3枚3枚

 「第100回全国高校野球選手権」(16日、甲子園球場)

 この日のレジェンド始球式には、元中日で甲子園最多83奪三振の記録を持ち、58年夏にエースとして徳島商(徳島)を準優勝に導いた板東英二氏(78)がマウンドに上がった。

 振りかぶって投げた一球は外角低めのワンバウンド投球。守る報徳学園(東兵庫)のバッテリーと握手を交わし、笑顔で球場を後にした。

 「ショートバウンドして残念。年かなとは思う」と悔しげな表情を見せた。

 第40回大会では、延長18回引き分け再試合となった準々決勝の魚津(富山)戦などを含め一人で投げ抜いてきた。「気温も上がっているし、いいことだと思う」と今年から採用されたタイブレークについて言及した。

 「鮮明に覚えている。思い出深いのは負けた方。人生の大きな糧を得られる」と甲子園の舞台を振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス