文字サイズ

サントリードリームマッチ MVPは元DeNA三浦、敢闘賞に元阪神関本氏ら

(左から)敢闘賞の関本氏、山崎氏、最優秀選手賞の三浦氏、ビーム賞の岩村氏(撮影・堀内翔)
ザ・プレミアム・モルツ球団の(前列左から)川藤幸三、R・バース、大野豊(後列左から)西山秀二、桧山進次郎=東京ドーム(撮影・堀内翔)
6回、代打の川藤幸三が気合いでバットに酒しぶき=東京ドーム(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 「サントリードリームマッチ2018、プレミアム・モルツ12-6ドリーム・ヒーローズ」(30日、東京ドーム)

 プロ野球OBが熱い戦いを繰り広げる「サントリードリームマッチ2018」が東京ドームで行われ、12対6で山本浩二監督が率いるモルツ球団が勝利した。

 初出場の三浦大輔氏がMVPを受賞。モルツ球団の先発の先発を務め、1回無安打無失点の好投を見せると、九回には代打で登場して安打を放った。

 敢闘賞には山崎武司氏と関本賢太郎氏が輝いた。関本氏は二回に左翼席へ飛び込む勝ち越しの2ランをマーク。「人生で一番大きいホームランを打ちました」と喜びを口にした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス