文字サイズ

中日・石垣がフレッシュ球宴MVP賞金100万円ゲット 優秀選手賞は清宮、周東

 4回全イ無死、清宮が右翼ポール際に本塁打を放つ。捕手中村奨=弘前
 4回、本塁打を放ちナインに迎えられる全イ・清宮(左から2人目)=弘前
2枚2枚

 「フレッシュオールスター、ウエスタン3-1イースタン」(12日、はるか夢球場)

 ウエスタンは三回、1死二塁からオリックスの福田の中前打と相手の本塁送球が悪送球で先制。さらに2死一、三塁からソフトバンク・川瀬の左前への適時打でさらに1点を加えた。

 1点差に迫られた四回には中日の石垣がバックスクリーンへのソロ本塁打を放った。

 イースタンは2点を追う四回、先頭の日本ハム・清宮が中日の藤嶋から右越えにソロ本塁打を放ったが得点はこの1点に終わった。

 最優秀選手賞には中日の石垣が選ばれ、賞金100万円を手にした。優秀選手賞のソフトバンク・周東、日本ハム・清宮には賞金50万円が贈られた。

 家族の前で豪快な一発を放った中日の石垣は「芯に当たったのでいってくれと思いました。集中していて歓声は全然、聞こえませんでした。ちまちました打撃ではなく思い切っていきました。家族の前で打てて良かった。今まで育ててくれて本当に感謝しています。フルスイングできる選手になりたい」と喜んだ。

 背番号121の育成選手で、2安打のソフトバンク・周東は「シーズン中でもなかなかなく、活躍できた。ホームランを打ちたい気持ちがあったので狙っていきました。やるからにはMVPを獲りたいと思っていたので。支配下の期限が7月いっぱいなので、いいアピールができたと思う」と振り返っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス