文字サイズ

ヤクルト・青木 復帰即スタメンで快音連発

 「ヤクルト-巨人」(11日、神宮球場)

 頭部死球による影響で戦列を離れていたヤクルト・青木宣親外野手が、復帰初打席で快音を響かせた。

 2点を先制された直後の初回無死一塁から、山口俊の143キロを捉える痛烈な右前打。バレンティンの適時打などで同点に追いつく足がかりを作った。さらに二回2死からは147キロを引っ張って、またも右前打を放った。

 青木は6月30日の阪神戦で頭部死球を受けて交代。当初復帰予定だった4日の広島戦前の守備練習で不調を訴え、翌5日に脳振とう特例措置で出場選手登録を抹消されていた。再登録されたこの日、「2番・中堅」で先発出場した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス