文字サイズ

日本ハム清宮「限局性腹膜炎」で緊急入院 開幕1軍絶望的

 キャンプ中にもつらそうに、腹部に手をやるしぐさを見せた清宮=2月22日
1枚拡大

 日本ハムは13日、ドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)=早実=が12日夜に遠征先の広島から緊急帰京し、都内の病院に入院していたことを発表した。この日、精密検査を受けた結果、腹腔(ふくくう)内の一部に炎症が見られる「限局性腹膜炎」と診断された。15日までは入院し、点滴治療などを受けて経過観察するが、開幕1軍は絶望的となった。

 マツダスタジアムに到着したチームの中に、清宮の姿がない。心地良い春風が吹く広島で、思わぬアクシデントが起きた。腹腔内の一部に炎症が見られる「限局性腹膜炎」を発症。球団によるとここ数日間、腹部に倦怠(けんたい)感や鈍痛を感じていたという。怪物と呼ばれる18歳が3度目の離脱となった。

 11日・DeNA戦(鎌ケ谷)の試合後、1軍本隊と共に広島に入った。だが、患部に痛みを訴え、翌12日夜に単身帰京。吉村GMは「試合に出られる状態ではなかったので」と説明した。

 清宮は通常の食事ができず点滴を必要としたため、そのまま都内の病院に入院。谷ヘッドトレーナーが同行し、13日に精密検査を受けた。最短でも15日までは入院し、点滴などを受けながら経過を見る。

 栗山監督は「どんな理由であろうと、選手が苦しむというのは監督の責任でもある」と自らを責めた。オープン戦は7試合で起用し、19打席連続無安打で5打席連続三振中。今まで経験したことのない大不振に陥っていても、13日からの広島2連戦も1軍に帯同させることを決断。ぶれない英才教育は期待の表れだったが、18歳の体は悲鳴を上げた。

 1月の新人合同自主トレで右手親指を痛め、2月の沖縄2次キャンプ中には急性胃腸炎を発症。高校通算111本塁打を誇る逸材も、プロに入って度重なる試練に直面している。実戦でともした「H」ランプは、2月28日からの台湾・ラミゴ2連戦での二塁打2本だけ。まだまだ、本領を発揮できていない。

 3月30日の西武との開幕戦(札幌ドーム)まで、あと17日。指揮官は「どういう形が一番いいか、丁寧に考えていきます」と話した。15日に退院し16日から練習を再開したとしても、実戦復帰までには時間がかかる。現在の打撃不振も加味すると、開幕1軍に名を連ねるのは厳しい状況と言わざるを得ない。

 今頃、物思いにふけって病室の天井を見つめているのか-。もどかしさだけが募る。反骨心に変えて、まずは回復に努めるしかない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス