文字サイズ

巨人、前カブス上原との契約合意を発表 10年ぶりに古巣復帰 夕方に都内で会見

上原浩治
1枚拡大

 巨人は9日、前カブスの上原浩治投手(42)と契約合意に達したことを発表した。夕方に都内で入団会見を行う。上原は昨オフ、カブスをFAとなり、大リーグの移籍先を模索したが決まらず、日本球界復帰を決断。5日の帰国後、巨人と水面下で交渉を重ね、10年ぶりの古巣復帰となった。

 上原はメジャー9年目の昨季は49試合に登板し、3勝4敗2セーブ、防御率3・98。巨人はカミネロ、マシソン以外の中継ぎ陣が未知数で、補強ポイントにも合致していることから上原の獲得を決断。復帰後は勝利の方程式の一角を担うことが予想される。

 巨人・老川オーナーは前日に行われた「関西燦燦会」の総会後「もし復帰してくれるということであれば、こちらとしては当然大歓迎」と期待を口にしていた。13年にはレッドソックスで世界一にも貢献。日米通算で134勝128セーブを誇り、13年にはレッドソックスの世界一にも貢献した右腕。指揮を執る同い年の高橋監督の胴上げのため、10年ぶりに巨人のユニホームに袖を通すことになった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス