文字サイズ

ZOZOマリン15億円超リニューアル 照明LED化、専用人工芝など

 ZOZOマリンスタジアム・人工芝のイメージ
1枚拡大

 ロッテが井口新体制のバックアップに向け、15億円超の“3大リニューアル”を行うことが26日、明らかになった。

 千葉市とともに現在、ZOZOマリンスタジアムの改修工事を進めているが、グラウンド照明の「全面的LED化」を実施。グラウンドの明るさを維持したまま、総消費電力が約50%削減可能となる。

 また、天然芝の感覚に近い「野球専用人工芝」も導入する。費用はLEDが約8億3000万円、人工芝が約3億2000万円で、約11億5000万円にも上る。

 さらに新たな演出にも取り組む。音響通信による公式アプリを通してのファンサービスの提供で、手元のスマホが音に反応して画面が点滅したり光るもので、光のイルミネーションを作り上げる。約3億5000万円の予算を見込んでいる。

 3大リニューアルの予算は総額15億円に上る。LEDと人工芝は2月28日に完成予定で、3月のオープン戦から使用する。音響通信によるサービスは、開幕戦となる3月30日の楽天戦からスタートする。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス