文字サイズ

ソフトバンク・柳田、現役最高年俸5億5000万 離さない!3年契約で流出阻止

 年俸大幅増で契約更改、来季の目標を掲げる柳田
1枚拡大

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手(29)が23日、ヤフオクドーム内で契約更改交渉に臨み、3年契約を結んで、2億8500万円増の日本選手現役トップで球団史上最高の年俸5億5000万プラス出来高払いでサインした。来季にも国内FA権を取得するスターの流出阻止のため、球団は3年総額20億円前後を見込める大型契約を締結した。(金額推定)

 記者会見場に姿を現した柳田は笑みを浮かべていた。「記者の方がバタバタしていたので」と答えたが、笑いが止まらない提示を受けていた。

 「すごいお金です」。柳田は純粋な驚きを口にした。金額は明言しなかったが、関係者の話を総合すると3年契約の年俸5億5000万円プラス出来高払い。オリックス・金子の5億円を抜いて現役日本選手のトップだ。

 「選手としても日本一になりたいと思う。プレッシャーもありますけど、もっともっとチームを引っ張っていかないといけない。ここからしっかり働いて、給料に見合う成績を残したい」

 日本選手で年俸5億円を超えるのは史上7人目、ホークスでは初めてだ。今季は打率2位(・310)、本塁打3位(31本)、打点2位(99)と打撃3部門全てで3位以内。3年連続の最高出塁率(・426)のタイトルも手にした。

 出来高の条件をクリアすれば3年総額20億円超えも可能という。11年にプロ入りした柳田は1軍登録7年で国内、9年で海外FA権を得られる。来季には国内FA権を取得する見込み。球団としても人気、実力を兼ね備えたスターの流出を防ぐため、最大限の“誠意”を見せた形だ。

 「FAは来年できないけど3年間もう一度、ホークスのためにやる」と柳田。3年契約を終える2020年にも海外FA権を取得する。まずはそれまでに有無を言わせぬ球界の顔になる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス