文字サイズ

楽天・藤平 中村への1球を悔やむ 西武との2位攻防戦で逆転弾許す

6回1死一、二塁、西武・中村に逆転3ランを浴びぼうぜんとする楽天・藤平
1枚拡大

 「楽天3-7西武」(13日、Koboパーク宮城)

 楽天・藤平尚真投手が、六回の1球に泣いた。2点リードの1死一、二塁、中村に投じたフォークは甘く入り、痛恨の逆転3ランを許した。「一番、打たれてはいけない場面で打たれてしまった」と藤平。「自分をもう少し客観視していれば、一発があるので低く、という意識だった。バッターとの勝負をムキになって全力で行ってしまうと、ああいうことになる」と悔やんだ。

 序盤から上々の立ち上がりを披露し、直球を軸にスライダー、フォークをちりばめ7奪三振。五回には2死満塁のピンチで秋山を空振り三振に斬るなど、圧巻の投球を見せた。

 その時点で球数はちょうど100球。梨田監督は「西武打線がタイミングが合っていなかった。110から120球くらいまではと思っていた」と六回のマウンドを託したが、実らなかった。指揮官は「藤平は責められない。ナイスピッチングだった」と、力投したルーキーをかばった。

 負けられない2位西武との直接対決で、ゲーム差は2・5に広がった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス