文字サイズ

山口問題で選手会が巨人に抗議 総額1億円以上の罰金・減俸処分の再検討求める

 労組・日本プロ野球選手会は28日、酒に酔って都内の病院で暴力トラブルを起こした巨人・山口俊投手(30)に対し、球団が総額1億円を超える罰金、減俸処分を受けたことに関して球団側に強く抗議し、処分の再検討を求めたと発表した。

 選手会側は刑事処分的な逮捕事案ではなく、被害者との示談も成立している中で不当に重い処分とした。さらに球団側が山口俊に対して複数年契約の見直しを迫り、同意しなければ契約解除(解雇)する条件を提示し続けたとも主張。契約見直しの撤回も求めた。

 また、プロ野球の熊崎勝彦コミッショナーと12球団による実行委員会に対しても、適切な調査を行うように要請したという。熊崎コミッショナーは「そういう意見が出た以上、真摯(しんし)に受け止めて、まずは実行委員会にご報告をさせていただく」と話した。

 山口俊は7月11日に酒に酔った状態で訪れた都内の病院で、男性警備員に全治2週間の打撲を負わせ、病院のドアを蹴って破損。8月18日に警視庁は障害と器物破損の疑いで書類送検。球団から罰金、減俸と今季終了まで出場停止の処分を受け、同20日から2軍施設で練習を再開した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス