文字サイズ

デービス激怒!死球受け東尾に右ストレート 与死球王は意地の完投勝利

 デービス(右)から殴られる東尾=1986年6月13日
1枚拡大

 リチャード・デービス(近鉄)が東尾修(西武)に襲いかかったのは、86年6月13日。六回、右肘に死球を受け激高した。こめかみに右ストレートを浴びせ、さらに4、5発…。もちろん退場。パ・リーグは出場停止10日間に制裁金10万円、球団も4日間の自宅謹慎処分を科した。

 東尾も殴られただけでは終わらない。顔にアザ、右足をひきずりながら続投を志願。123球、4失点完投勝利は、通算165個、与死球王の意地だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス