文字サイズ

本塁での判定巡り、リプレー検証も判定通りアウト 巨人同点機逃す

7回巨人1死二、三塁、亀井善行の左飛で三走・重信慎之介が本塁をつくも、アウトの判定となり、巨人・高橋由伸監督の要請でビデオ判定になる。捕手は会沢翼=マツダスタジアム(撮影・吉澤敬太)
1枚拡大

 「広島-巨人」(27日、マツダスタジアム)

 七回の巨人の攻撃で、重信が本塁でタッチアウトとなったプレーを巡り、リプレー検証が行われたが、当初の判定通りアウトとして試合再開となった。

 0-1の七回、1死二、三塁。代打・亀井が左翼前方へ飛球を放つと、三走・重信が本塁へ突入。足から滑り込み、際どいタイミングながらもアウトと判定された。

 このプレーに高橋監督がベンチから飛び出し。審判団はリプレー検証を行ったが、数分後に判定通りとして試合を再開。巨人は決定的な同点機を逃した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス