文字サイズ

来夏の甲子園大会、福岡から2校出場 第100回記念大会で

 夏の全国高校野球選手権大会の福岡の出場校が、来年の第100回記念大会で従来の1校から2校へ増える方針であることが17日、分かった。記念大会に限ったもので、1998年(第80回)と2008年(第90回)の記念大会では、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫の6府県が2校に増枠となっており、九州・沖縄では初の複数代表となる。

 昨夏は134校が甲子園の出場切符を争うなど、福岡は全国でも有数の激戦区。今春の選抜大会は12年ぶりに福岡から2校出場し、福岡大大濠と東海大福岡がともに8強入りした。来年夏の記念大会での2枠の割り振りは、福岡県高校野球連盟などで今後討議される予定。過去の記念大会で増枠となった6府県も、地方大会の参加校が150校を超えている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス