文字サイズ

西武・森1軍昇格 2軍戦のヒット見た辻監督が即決「もう大丈夫」

 韓国ハンファとの練習試合に「5番DH」で先発出場した森
1枚拡大

 「西武春季キャンプ」(21日、高知)

 右肩甲骨内側の張りのため、B班(2軍)で調整していた西武の森友哉捕手(21)が、A班(1軍)への昇格を勝ち取った。B班の韓国・ハンファとの練習試合(高知市営)に「5番・DH」で出場。二回の第1打席に右前打を放ち、視察した辻監督が「もう大丈夫」と昇格を即決した。

 第2打席は四球、第3打席は強烈な一直。18日の阪神2軍との練習試合に続き、2度目の実戦出場を終えた森は「痛みはほとんどないし、状態はよくなってきた。早く1軍に合流したい」と決意をみなぎらせた。

 22日に1軍合流後、対外試合の初戦となる楽天戦に起用される見通し。辻監督は「今後は捕手としてしっかりできるように」と注文も忘れなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス