文字サイズ

DeNAドラ6尾仲 山登りも1位!3千mに続き“2冠”抜群の身体能力披露

 新人合同自主トレ恒例の山登りでトップになった尾仲
1枚拡大

 DeNAのドラフト6位・尾仲祐哉投手(21)=広島経大=が10日、抜群の身体能力を披露した。新人合同自主トレ恒例の山登りで10選手中トップ。前日の3000メートル走に続く“2冠”と存在感を示した。

 横須賀市内のベイスターズ球場からスタートし、標高133メートルの塚山公園まで約2・2キロ。途中までトップだった同1位の浜口を抜いた。急勾配を1位で駆け抜けた10分23秒。「(走るのは)あまり得意じゃない」と話しつつ、充実の表情を浮かべた。

 171センチと小柄だが、キレのある直球と変化球が武器の右腕。春季キャンプの1軍帯同も検討されており、「走るのだけと言われないように野球でもアピールしたい」と意気込んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス