文字サイズ

野球U-23日本代表が世界一 阪神・歳内三者三振締め

 「U-23日本代表10-3U-23オーストラリア代表」(日本時間7日、エスタディオ・デ・ベイスボル・モンテレイ)

 若き侍たちが世界一に輝いた。メキシコで開催されている「U-23ワールドカップ」で日本代表が6日(日本時間7日)、オーストラリアとの決勝戦に臨み、10-3の逆転勝ちで、世界ナンバーワンの称号を手にした。

 序盤は3点ビハインドの苦しい展開。だが、相手のミスを皮切りに、四回に4点を奪い逆転に成功した。その後も六回に5点、八回に1点を加え、試合を有利に進めていき、5人の継投で逃げ切った。

 なお、阪神から選出された植田、歳内はともに出場。「2番・遊撃」で先発出場した植田は5打数無安打に終わったが、全9試合に先発出場して30打数9安打打率・300という成績を残した。

 一方、歳内は5番手として九回から登板。三者連続三振に仕留め、試合を締めくくった。今大会は4試合に登板し、いずれも無失点。この経験をきっかけに、来季の飛躍が期待される。

オーストラリア

002100000-3

00040501×-10

日本代表

【本】(豪)Z.SHEPHERD(日)真砂(ソフトバンク)、広岡(ヤクルト)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス