文字サイズ

ソフトB達川ヘッド「監督に2度と『なめんなよ』と言わない」V逸なら退団覚悟

 あいさつに訪れた柳田と握手を交わす達川ヘッドコーチ
1枚拡大

 ソフトバンクは31日、達川光男氏(61)のヘッドコーチ就任を発表した。キャンプ地で就任会見に臨んだ同コーチは、持ち前の爆笑トークを随所に交えながら、工藤監督を支える強い覚悟を示した。会見後には早速、ジャージー姿で若手捕手陣に2時間以上の直接指導。3年目を迎える工藤ホークスに初めて誕生したヘッドコーチが、V奪回を約束した。

 「私が来なくても、来年はV奪回できてますよ。私が来て負けたということは、私が引っ張ったということでね、えー、隣の三笠さんと一緒に退団しますよ」

 会見に同席した三笠球団統括本部副本部長も、まさかの道づれ発言に苦笑いだ。

 「初めての会話は『おい工藤、なめんなよ』だった。今日をもって二度と『なめんなよ』と言うことはない。工藤監督が監督をされている間は、終生、忠誠を尽くしたい」

 1986年の西武対広島の日本シリーズで死球をぶつけられた出会いから重なり合った野球観。類いまれなユーモアと熱さを持つ背番号79が、チームに化学反応を起こす。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス