文字サイズ

呉が4強入り、広島対決を制す

同点の8回2死三塁から勝ち越しの右越え三塁打を放った呉・新田主将
4強進出を決めガッツポーズをする呉・池田
2枚2枚

 「秋季中国高校野球大会・準々決勝、呉5-3広島新庄」(31日、ユーピーアールスタジアム)

 広島勢対決は、初出場の呉が競り勝ち、4強入りを決めた。

 同点に追いつかれた呉は八回、1死から奥田の左前打を足掛かりに2打点の近藤が犠打を決め、暴投で2死三塁とした。ここで4番の新田主将が右越え三塁打を放ち勝ち越し。続く柏尾も右前適時打を放ち加点した。

 中村信彦監督は「まぐれで勝った。勝機があるとすれば後半勝負と思っていた。緊張感ありますので、その中で力が発揮できればと思っていた」と話した。

 広島新庄は八回に高野の2点右前適時打で追いついたが、最後はエース有村が力尽きた。これで夏春連続の甲子園出場は絶望的となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス