文字サイズ

大谷翔平“驚異の15球”詳細 DHから救援でプロ初セーブ

日本シリーズ出場を決めタッチをかわす日本ハム・大谷(右端)=札幌ドーム(撮影・堀内翔)
3枚

 「パCSファイナルS・第5戦、日本ハム7-4ソフトバンク」(16日、札幌ドーム)

 日本ハムの4年ぶり7度目の日本シリーズ進出へ、最後を締めたのは3番・DHでスタメン出場していた大谷翔平だった。打者3人に対して15球を投じ、自身が持つ日本プロ野球記録を更新する165キロも3球投げ込んだ。シーズン、CSを通じて大谷はプロ初セーブも記録した。大谷の歴史的な投球を1球ずつまとめた。

 【1人目・松田】=空振り三振

(1)163キロ・ストレート(ファウル)

(2)141キロ・変化球(ファウル)

(3)164キロ・ストレート(ファウル)

(4)143キロ・変化球(ボール)

(5)145キロ・変化球(空振り)

 【2人目・吉村】=空振り三振

(1)165キロ・ストレート(空振り)

(2)164キロ・ストレート(ファウル)

(3)143キロ・変化球(空振り)

 【3人目・本多】=遊ゴロ

(1)164キロ・ストレート(見逃しストライク)

(2)151キロ・フォーク(空振り)

(3)165キロ・ストレート(ファウル)

(4)163キロ・ストレート(ファウル)

(5)148キロ・変化球(ボール)

(6)165キロ・ストレート(ファウル)

(7)149キロ・変化球(遊ゴロ)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス