文字サイズ

DeNA三浦大輔が安打の記録でギネス認定 投手による24年連続安打

ギネス認定書とバットを手に笑顔をみせるDeNA・三浦大輔=横浜スタジアム(撮影・田中太一)
ギネス認定書とバットを手に笑顔をみせるDeNA・三浦大輔=横浜スタジアム(撮影・田中太一)
24年連続安打が、ギネス世界記録に認定されたDeNAの三浦
3枚3枚

 DeNAの三浦大輔投手(42)が22日、ギネス世界記録「プロ野球投手による安打最多連続年数」に認定され、横浜スタジアムで記者会見を行い、認定証を授与された。

 三浦は7月11日の中日戦(横浜)の二回に左前打を記録。投手による世界記録となる24年連続安打を達成した。

 「その試合では投げるほうでは全くダメでした。ヒットを打ててこういう賞をいただいて光栄に思っています」と話した。

 日本球界単独トップとなる24年連続勝利にも王手をかけている。「前回はダメでしたが、もう1回マウンドに立てるように頑張りたいです」と今季中の登板、そして勝利に意欲を燃やした。

 “世界一”を争うリオ五輪がこの日で閉幕。「いろんな競技を感動して見ていました。特にバドミントンの女子ダブルスは、橿原市出身で地元が一緒の子(高橋)が出ていたので、夜中に興奮して喜びましたね」と刺激を受けたことを明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス