文字サイズ

楽天オコエ1号!7時間半睡眠で暗示

 ホームランボールを手にして笑顔を見せるオコエ(撮影・園田高夫)
1枚拡大

 「交流戦、DeNA3-6楽天」(18日、横浜スタジアム)

 持ち前の俊足をとばす必要はない。1軍28試合目。楽天ドラフト1位・オコエ瑠偉(関東第一)に、ついにプロ初アーチが飛び出した。三回先頭で迎えた第2打席。DeNA・今永の初球真っすぐを強振し、左中間中段へ突き刺した。打った瞬間、自身が「ヨッシャ」と叫んだ会心の一振りだ。

 「ストレートに的を絞って、ストレートが来た。いいスイングができた」

 2月の沖縄・久米島キャンプ。初のフリー打撃では柵越えどころか、前にすら飛ばせなかった。しかし、反骨魂でバットを振り続けた。開幕1軍、そして、2軍落ち。再昇格後の5月31日の阪神戦にプロ初ヒット、猛打ショー…。多くの初物をクリアして、初アーチ。ハイスピードで進化を遂げている。

 試合後の会見、大勢の報道陣に囲まれたルーキーは意外とクールだった。「ホームランを狙って打てるわけじゃないし、ヒットの延長線がホームランと思ってますから」と淡々。こだわりは別にあった。小学校時代、7時間半の睡眠で人生初本塁打を放って以来、それがベストの睡眠時間に。この日も7時間半しっかり寝て、球場入りした。7時間でも8時間でもダメ。「オレは7時間半、寝たんだ」。暗示効果もばっちり。観戦した三木谷オーナーもビックリの特大弾だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス