文字サイズ

クロマティ氏「落胆」巨人野球賭博問題

 巨人選手による野球賭博を悲しむクロマティ氏=フロリダ州ボカラトン(撮影・小林信行)
1枚拡大

 元巨人のウォーレン・クロマティ氏(62)が、現役選手による野球賭博で揺れる古巣について苦しい胸の内を吐露した。

 すでに一連の報道を伝え聞いているという同氏は「とても落胆している。心を痛めている」。自身は84年から7年間プレーし、89年に日本一を経験。「この状況を乗り越えるには、勝ち続けるしかない。勝利はすべてを変える」と熱弁を振るった。

 現在はかつて大リーガーとしてプレーしたカナダ・モントリオールへの球団誘致活動に奔走している同氏。この日は大リーグGM会議の会場で関係者と交流した。「巨人のフロントの方々が最善を尽くしているのは知っている。僕もぜひ協力したい」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス