文字サイズ

広島新庄に中国切符!堀4戦連続2桁K

 「高校野球・秋季広島大会3位決定戦、広島新庄9-2宮島工」(4日、しまなみ球場)

 3位決定戦と決勝が行われた。3位決定戦では、夏春連続で甲子園出場を目指す広島新庄が、宮島工を9-2で下して3年連続で中国大会への出場を決めた。決勝は、広島国際学院が如水館に5-4で競り勝ち、悲願の初優勝。広島国際学院、如水館、広島新庄は来春の選抜出場の参考となる中国大会(23日開幕、島根)に出場する。

 気力で投げ切った。広島新庄のエース・堀瑞輝(2年)が、4試合連続2桁奪三振となる11三振を奪い2失点完投で、3年連続の中国大会に導いた。

 129球の熱投。終盤には血まめができた。「調子は良くなかった。最後は精神力で投げました」。今夏の甲子園経験左腕は、準決勝・広島国際学院戦で逆転負け。連投の疲れもあり五回に長短打で1点を失った。しかし「五回が終わった後のグラウンド整備の時に気持ちを落ち着かせた」と、六回から5者連続三振の快投を披露した。

 3年連続での中国大会出場。昨秋は初戦で関西(岡山)に敗れた。「去年は自分のせいで負けた。今回は自分が引っ張っていきたい」。夏春連続の甲子園出場へ意気込んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス