文字サイズ

オリ来秋ドラ1候補に“城島2世”

 オリックスが来秋ドラフト1位候補に九州国際大付の清水優心(ゆうし)捕手(2年)をリストアップしていることが24日、分かった。

 清水は身長184センチ、体重83キロと恵まれた体で、二塁送球1・9秒台の強肩。1年春から試合に出場、同九州大会から4番に座る。今秋からは主将を務め、秋季九州大会は初戦でサヨナラ負けを喫した。このため来春のセンバツ出場は絶望的だが、すでに気持ちを切り替え来夏の甲子園出場を目指している。

 球団関係者は「肩が強く、バッティングもいい。体も大きくて、城島(元阪神)のよう」と絶賛している。

 チームの現在の正捕手は24歳の伊藤。今秋ドラフトで花咲徳栄・若月を獲得、ソフトバンクからFAで山崎を補強したが、さらに将来を見据え有望な大型捕手に白羽の矢を立てた。競争を激化させ、レベルアップを図る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス