文字サイズ

初パターン!大谷「ライト→救援登板」

 「日本ハム2-7ソフトバンク」(18日、帯広)

 八回、ベンチを出た日本ハム・大谷が歩を進めたのは、それまで守っていた右翼ではなく、マウンドだった。野手から投手という二刀流初のパターンだ。

 先頭の本多には左前打を許したが、細川は力強い直球でバント空振りの三振とすると、中村とは全15球の意地の対決。フルカウントから8球ファウルで粘られたが、最速154キロを記録するなどし、一ゴロに仕留め、後続を断った。

 5点ビハインドと点差が開いたことで巡ってきた調整登板の機会。2連戦が続き、先発が予想される23日のオリックス戦(京セラ)まで登板間隔があいてしまうための“苦肉の策”だった。

 七回の攻撃中にブルペンで約20球を投げて、肩をつくった。1回1安打無失点の結果に、大谷は「この中継ぎの経験を次の登板機会につなげたい」と充実感を漂わせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス