文字サイズ

ベッキー ゲス乙女・川谷との不倫否定

目を潤ませながら釈明するベッキー=東京都内
記者会見場の入り口で深々と頭を下げるベッキー=東京・サンミュージック(撮影・開出牧)
記者会見場に現れ深々と頭を下げるベッキー=東京・サンミュージック(撮影・開出牧)
3枚3枚

 昨年のNHK紅白歌合戦に初出場したロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音=かわたに・えのん=(27)との不倫疑惑を7日発売の「週刊文春」に報じられたタレントのベッキー(31)が6日夜、都内で緊急“会見”を開いた。質疑応答は一切受け付けず、4分30秒にわたり一方的に釈明した。目に涙を浮かべ「お付き合いということはなく、友人関係」と不倫を否定。謝罪の言葉を繰り返した。

 同誌によると、川谷はアマチュア時代から支えてくれていた一般女性と昨夏に結婚。ゲス乙女ファンだったベッキーは昨年10月に川谷と出会い、親密に。正月には川谷の実家がある長崎に極秘旅行し、親とも対面したという。

 6日午後8時から都内の所属事務所で行われた釈明会見。純白の白いシャツに茶色いスカートで姿を見せたベッキーは「テレビ、CM、ラジオ関係者の皆さま、そしてファンの皆さまに、多大なるご迷惑とご心配をおかけしましたこと、深くおわび申し上げます」と5秒間、頭を下げた後、経緯を説明した。

 「記事にありましたように2人でお食事に行かせていただき、お正月に長崎のご実家にお邪魔したことも事実です」と親密な関係は認めたものの、「ただ、お付き合いということはなく、友人関係であることは間違いありません」と不倫は否定。

 「誤解を招くような大変軽率な行為だったと深く反省しております」と語り、「川谷さんのご家族のみなさま、ファンのみなさま…」と既婚者である川谷の家族にも謝罪した。

 集まった報道陣70人との質疑応答は行わず、4分30秒にわたり、一方的に語る異例のスタイル。「申し訳ございませんでした」と6回繰り返すなど、謝罪の言葉が続いた。瞳は潤んでいたが、最後まで涙をこぼすことはなかった。

 明るく老若男女誰からも好かれる好感度タレントの初スキャンダルだけに、衝撃は大きい。

関連ニュース

デイリーペディア

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリースポーツ
ネットショッピング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス