文字サイズ

中島裕翔、子どもにキュン「エンジェルですよ」

1枚拡大

瀬尾まいこのロングセラー恋愛小説を、Hey! Say! JUMP・中島裕翔と新木優子で実写映画化した『僕らのごはんは明日で待ってる』。その公開記念舞台あいさつが9日、大阪市内で行われ、主演の2人が登場した。

無口でネガティブな亮太(中島)と超ポジティブな小春(新木)の恋愛模様を描いた、胸キュンならぬ、うるキュンのラブストーリーという本作。撮影中や舞台あいさつツアー中、中島にうるキュンとしたエピソードを聞かれた新木は、「さっき舞台裏に原作者の瀬尾さんの小さい娘さんがいて。中島さんが『おいで』って言ったら、中島さんの元にタタタっと駆け寄ってギュッと抱きしめたんですよ。その2人の姿にキュンってしました」と明かすと、中島は「昨年撮影の時にお会いしたんですけど、覚えててくれてるなんて思わないじゃないですか。天使(エンジェル)ですよほんとうに。心がすごい洗われました」と、メロメロの様子だった。

この日は成人の日ということで、会場には晴れ着姿の新成人の姿も。中島は「いろんな考え方に左右されちゃうときもあるけど、最後は自分を信じて愛して生きていってほしいなと思います」とアドバイスを送っていた。


(エルマガジン)

関連ニュース

デイリーペディア

関西最新ニュース

もっとみる