文字サイズ

麻央「試練乗り越えた時によりいいパートナーに」…スタッフを励ます場面も

 闘病公表後、初めてテレビカメラの前に登場した小林麻央。日本テレビ「市川海老蔵に、ござりまする。」より
1枚拡大

 がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が9日、日本テレビ系で放送された特番「市川海老蔵に、ござりまする。」(午後10・00~)で6月のがん公表後、初めてインタビューに応じた。麻央は「試練っていうものを…乗り越えた時に…、病気をする前よりも…、ちょっといいパートナーになれるんじゃないかな」と涙ながらに夫への思いを語った。

 収録は今月4日、入院している病室で行われた。病室に入ってきた気心知れた取材スタッフの顔を見ると「ごぶさたしています」と柔らかな第一声。スタッフの心配そうな表情に「そんな暗い顔しないで。大丈夫だから」と逆に励ました。

 黒いショートヘアのウィッグ(かつら)をつけ、うっすらとアイメークと口紅を施すと、瞳をキラキラさせ、一言一言を大切に、かみしめるように語り始めた。

 日テレの海老蔵ドキュメンタリー特番は今回で第4弾。取材班は、麻央がキャスターを務めていた「NEWS ZERO」での2人の出会い以来、海老蔵一家を取材し続けてきた。海老蔵は昨年6月9日に会見し、麻央の乳がんを公表し、2014年10月にがんが見つかったことなどを明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス