文字サイズ

錦織、軽快な動きで復調アピール けがの左でん部は「良くなっている」

 全豪オープンの会場で、初練習する錦織圭(共同)
1枚拡大

 「テニス・全豪オープン」(16日開幕、メルボルン)

 男子テニスで世界ランキング5位の錦織圭(27)=日清食品=が11日、今季四大大会初戦の全豪オープン(16日開幕)へ向けてメルボルンの会場で初練習した。直前のブリスベン国際の決勝で左臀部(でんぶ)を痛めたが、この日は軽快に動いて復調ぶりをアピールした。

 真夏のメルボルンにしては過ごしやすい気候の中、ダンテ・ボティーニ・コーチの球を打ち返す基礎的な練習に時間を割き、フォアやバックをコースに打ち分けて入念にショットを確認。約1時間半にわたり汗を流し、時折笑顔も見せてリラックスした様子だった。

 けがの影響で9日のシドニーでのエキシビション大会は出場辞退し、10日はコートでの練習は行わず、休養などに充てた。大会に同行する理学療法士のロバート・オオハシ氏は「(左臀部は)どんどん良くなっている」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス