文字サイズ

東海大仰星アベックVへ!144人心一つに144回スクワット!

 部員144人による144回の手つなぎスクワットを行う東海大仰星フィフティーン
1枚拡大

 「全国高校ラグビー・決勝、東海大仰星-東福岡」(7日、花園ラグビー場)

 同校初となる連覇を目指す東海大仰星(大阪第1)は6日、大阪府枚方市の同校グラウンドで練習した。2大会連続5度目の優勝へ、恒例の“出陣式”となるスクワットを部員、マネジャー、中等部の部員を含む総勢144人で計144回を行い、心を一つにした。選抜大会、7人制大会との3冠がかかる東福岡(福岡)は神戸市内で最終調整した。

 最後の最後に体現したのは本気の全員ラグビーだ。ミーティング1時間、グラウンドで3時間半。東海大仰星は、決勝前日とは思えない濃密な練習の最後に、主将のフランカー山田生真(3年)が「心一つに一人1回行きましょう!!」と声をかけた。

 部員、マネジャー、中等部部員らが手をつないで巨大な円陣を組む。「1!!」と山田がスクワットをスタート。最後の一人が顔をゆがませて「144!!」と叫ぶと大歓声が上がった。

 「ほんとバカ。これで(決勝で)走られへんかったら怒るからな!!」と湯浅大智監督(35)は苦笑いで“お説教”。恒例の出陣式は、10回程度で終わる時もある。しかし、少しでも疲労を回復したい中で「全員1回」を発案した山田はどこ吹く風だ。「逆にプラス。(メンバーは)144人の思いを背負って勝たないと、と思う。スクワットで心が一つになった」と力説した。

 メンバーと控えを分けず、常に全部員が一緒に練習を行う同校。この日も中等部員を含めた150人近い大所帯で、東福岡対策の組織的なディフェンスなどを時間をかけて確認した。「自分たちのためにやるのはつまらない。みんなのためにやる方が大きな力になる。スタンドのみんなのために勝つ」と山田。全員ラグビーの神髄は、連覇で証明してみせる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スポーツ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(スポーツ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス