文字サイズ

阪神・湯浅が気迫の投球でピンチ脱出「アツアツな投球ができた」1点リードを死守

 8回、ピンチをしのぎ、西勇とタッチを交わす湯浅(撮影・飯室逸平)
 8回、坂倉を三振に仕留め、雄叫びをあげる湯浅(撮影・田中太一)
 8回、湯浅の野選で野間の進塁を許す(遊撃手・中野)=撮影・飯室逸平
3枚

 「広島-阪神」(5日、マツダスタジアム)

 自ら「“アツアツ”の投球」と振り返る、気迫の投球で1点のリードを死守した。八回に4番手でマウンドに上がった湯浅。先頭の野間に安打を許して無死から走者を背負う。さらに菊池涼の送りバントに抜群のフィールディングで対応して二塁に送球するも、ベースカバーに入った中野の対応が遅れて無死一、二塁にピンチが拡大した(記録は中野の失策)。

 だが、ここから湯浅がギアを上げた。鬼の形相で広島のクリーンアップと勝負。秋山を左飛に打ち取ると、梅野のサインに首を振った末にマクブルームをカーブで空振り三振。さらに坂倉も三振に斬って、ピンチを脱して見せた。

 「ランナーを背負ってしまいましたが、ひとつずつアウトを取っていこうと、しっかり切り替えて投げられたことが、抑えられた1番の要因かなと思います。アツアツな投球ができたと思います」。自身の名前(京己:アツキ)に引っ掛けたコメントで渾身(こんしん)の投球を振り返った。

2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24
2022-07-23
2022-07-22
2022-07-20
2022-07-19
2022-07-17
2022-07-16
2022-07-15
2022-07-14
2022-07-13
2022-07-12

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス