阪神が先制許す 2試合連続完封の高橋が28イニングぶり失点 リクエストも判定覆らず

 ヤクルト戦に先発し力投する高橋(撮影・西岡正)
 1回、先制適時二塁打を放つ村上(撮影・金田祐二)
 1回、村上に先制適時二塁打を浴びる高橋(撮影・金田祐二)
3枚

 「ヤクルト-阪神」(8日、神宮球場)

 首位ヤクルトとの直接対決3連戦の初戦で、先発を任された阪神・高橋が初回に先制を許した。これで27イニング連続無失点がストップした。

 2死一塁。村上に右中間を破る打球を打たれると、一塁走者・山田は三塁を蹴って一気に本塁へ突入。捕手・梅野はスライディングして回り込んだ山田にタッチしたが、セーフと判定された。

 微妙なタイミングで、矢野監督がリクエスト。しかし、判定は覆らなかった。

 高橋は2試合連続完封勝利を挙げており、1977年・バッキー以来、球団史上6人目となる3試合連続完封を目指していた。しかし、いきなり記録達成を逃した。

 阪神は敗れるか、引き分けで自力優勝の可能性が消滅する。

2023-11-05
2023-11-04
2023-11-02
2023-11-01
2023-10-31
2023-10-29
2023-10-28
2023-10-20
2023-10-19
2023-10-18

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス