文字サイズ

阪神・藤浪に矢野監督「使っている俺の責任として受け止めている」

 7回、4点を奪われマウンドを降りる藤浪(撮影・田中太一)
 7回、藤浪は福留に四球を与える(撮影・山口登)
 中日に敗れ、ベンチを後にする矢野監督(中央左)=撮影・山口登
3枚

 「中日6-2阪神」(23日、バンテリンドーム)

 阪神は終盤に競り負けた。矢野燿大監督は、七回に2番手として送り出した藤浪について、「使っている俺の責任として受け止めている」と振り返った。

 先頭打者に四球を出したことが失点に繋がったことに、「何が何でもゼロでという気持ちで投げたと思うし、四球もある程度出てしまってもって、こっちも出す側としてね。でも粘ってくれよというところで粘れなかったというのが、もちろん満塁になったというのもあるし、そこは俺自身が受け止めて、あいつ(藤浪)も、もちろん、悔しさとかを持ってやってくれてるし、打たれたあとのバックアップもちゃんといってたし、やられっぱなしというより、そういうところまでしっかりやっているところを見ると、勝負にいった中での結果なんで、使っている俺の責任として受け止めているし」と語った。

 勝負どころの七回は、試合の流れを左右するケースも多い。「あの回をどうするかというのは、今の現状で誰か出てきて欲しい部分でもある。それを受け止めています」とも語った。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス